現代の印刷技術

昔の印刷技術はすべて手作業で、印刷のもととなる製版をつくるのも職人の地道な作業によりました。
製版自体も一文字一文字入れ替える行程、色によって製版を1枚ずつ作成するなど、印刷技術はとにかく果てしない作業であったものですが、今では嘘のようです。
現在、印刷技術はデジタル化・オートメーション化され、驚くほどスピーディーに、かつ大量に印刷が可能となり、時間もコストも大幅に削減されています。
すべて手作業だったころのぬくもり感や深みが無くなったと嘆く人もいるかもしれませんが、更なる技術の進歩によって手作業のような風合いや奥行きを最新技術で可能にしているのです。


日本の印刷技術でもっとも有名な浮世絵(版画)なども、版木職人・摺師各々の熟練の技を超えることはできないまでも、少しでも近づくような深みのある版画が流通し、すべて手作業のものは高価で手が出ないところ、デジタル版ならば比較的リーズナブルに好きな浮世絵が楽しめると人気を集めています。
現在の印刷技術は大きく分けてふたつの分類ができるでしょう。


ひとつは一般的に広く普及している「オフセット印刷」です。
オフセット印刷とは、昔と同じように印刷の原本をもとに製版を作成し、顔料油性インクを一色一色紙に転写していく印刷手法です。
製版を作成してしまえば、その原版を使って大量の印刷が可能になり、大量に刷れば刷るほどコストが下がります。
特性インクはカラーバリエーションが豊富で、色に深みを与えることができるので、商業印刷のほかにも美術系印刷にも広く用いられています。
最新の技術では非常に細密な部分まで表現できるため、とても美しい仕上がりになります。


もうひとつの印刷手法は「オンデマンド印刷」といわれるものです。
オンデマンド印刷について次項より細かく考察しましょう。


<管理人注目サイト>
最速1時間でスピード印刷が出来る名刺作成の専門店のサイトです →→→ 名刺





Copyright © 2014 オンデマンド印刷の基礎知識 All Rights Reserved.